【デュエルリンクス】KCカップ終了!交換おすすめカードは?

【デュエルリンクス】KCカップ終了!交換おすすめカードは?

2017.02.16
57件

遊戯王デュエルリンクスの新イベント「KCカップ」の攻略法やイベントでもらえる報酬(景品)などをご紹介。KCカップの総合情報ページです。

KCカップ終了!

kcカップ終了

3月6日14時をもってKCカップがついに終了!お疲れ様でした!

すでに集計は終了しており、コロシアム、またはデュエルワールド中央の「KC」をタップし、「KAIBA CORPORATION CUP」を選択することで、ランキング順位の確認、報酬の受け取りが可能です。

交換カードはどれにすべき?

UR、SR引換権をGETした人は、どのカードと引き換えるべきか悩ましいですよね。当サイトでは以下の基準で交換カードを決めるというのもいいかもしれません。

◆入手難易度で選ぶ

URなら「破壊竜ガンドラ」、SRなら「ユニオンアタック」

これらのカードはイベント「武藤遊戯」の討伐イベントで入手可能なカード。武藤遊戯討伐イベントは3月16日より2度目の開催が予定されていますが、ドロップ率がかなり低く設定されているようで、そうそう簡単には入手できません。また、2度目の開催は決定していますが、3度目の開催は行われるか否かがわかりません。

一方で、レジェンドドロップカードや、カードトレーダーで入手可能なカードは、いつかは入手できる可能性が非常に高いカードなので、獲得優先度は下がるという考え方で上記のカードと交換してはいかがでしょうか?

◆入手難易度と実用性で選ぶ

URなら「フォース」「ツインバレルドラゴン」、SRなら「エネミーコントローラー」

今後もレジェンド周回はずっとやり続けることになるので、レジェンドドロップカードを候補から外し、カードトレーダーでUR玉との交換が必要なカードを選択するというのも手ですね。かつ実用性もあるカードとなると、URなら「フォース」「ツインバレルドラゴン」あたりが良いのではないでしょうか。また「エネミーコントローラー」はドロップ報酬ではありませんが、実用性を考えて。複数枚あっても困らないカードですので。

◆コレクション目的で選ぶ

せっかくプレミアム仕様(キラキラ)カードがもらえるのだから、実用性とか関係なく、かっこいいやつが欲しい!みたいな場合もあるでしょう。プレミア仕様の「ブラックマジシャンガール」「ブラックマジシャン」をGETする数少ない機会かもしれません。

次回開催「世界大会」とは…?

ゲーム内では、海馬がKCカップの終了を知らせるとともに、次の展開として「世界大会」なるものの開催をにおわすようなセリフがありました。世界大会とはどんなものになるのでしょうか?今後のイベントの最新情報は以下の記事で紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

KCカップ概要

開催期間 2月27日17時~3月6日14時
参加資格 ステージ20到達者
報酬 URカード交換権、SRカード交換権、ゴールド、アイコンなど

KCカップは自分以外のユーザーとデュエルを行い、ポイントをためて、ランキング上位を目指すイベント。

上位入賞者には、好きなカード(プレミアム仕様)や、大量のゴールドなど、豪華な報酬がプレゼントされます!

KCカップでもらえる報酬

報酬一覧

KCカップ終了時点のポイントランキング順位に応じて以下の報酬がもらえます。かなり豪華!!1位とかヤバいですね。

1位 UR交換権×6、SR交換権×6、200万G、アイコン
2位 UR交換権×5、SR交換権×5、100万G、アイコン
3位 UR交換権×4、SR交換権×4、100万G、アイコン
4~10位 UR交換権×3、SR交換権×3、100万G、アイコン
11~100位 UR交換権×2、SR交換権×2、50万G、アイコン
101~1000位 UR交換権×2、SR交換権×1、30万G、アイコン
1001~10000位 UR交換権×1、SR交換権×1、20万G、アイコン
10001~50000位 SR交換権×1、10万G、アイコン
50001~20万位 SR交換権×1、5万G
参加賞 プロテクター、デュエルフィールド
下3桁777 SR交換権×1、10万G

UR交換権、SR交換権で交換できるカードは?

ur交換権対象

交換対象となるカードは、パック収録カードに限らず、イベント報酬、レジェンドドロップ報酬で入手できるカード、カードトレーダーで入手できるカードの中から厳選されたものです。

上のカードはUR交換権で交換できるカード。SR交換権で交換できるカードは数が多いのでここでは割愛します。報酬カードの一覧は、KCカップ→ランキング→ランキング報酬で確認できます。

KCカップ攻略法 地域はどこを選ぶべき?

エリア選択

KCカップでは、参加前に、参加エリアを選択します。本来であれば、私たちが住んでいる「アジア・オセアニア地域」を選択すべきですが…

強敵が多いと予想される「アジア・オセアニア地域」をあえて外し、ヨーロッパ・中東・アフリカあたりを選択するチャレンジャーも多いみたいです。

わたしは後からペナルティ的なことがあると嫌なので(なさそうですが)「アジア・オセアニア」を選びました。

KCカップ攻略法 おすすめデッキ

KC戦を戦う上でおすすめのデッキは以下にご紹介。現在のランク戦のトレンドや、デッキの組みやすさなどを加味したラインナップです。

恐竜デッキ

▲恐竜デッキ

ダイナソー竜崎の「恐竜王国」と恐竜族モンスターを組み合わせた高火力デッキ。定番ですが、未だにランク戦上位での使用者は非常に多いです。

  • どんなデッキに対しても強く、オールマイティー
  • 使用カードが入手しやすくデッキ構築難易度が低い

 

ダイダロス海デッキ

▲ダイダロス海デッキ

こちらも定番ですが安定した強さのデッキ。ダイダロス召喚時に守備表示にさせられない対策だけは必要。サクリファイスにも要注意

  • 安定した強さ
  • 使用カードが入手しやすくデッキ構築難易度が低い

 

狩場デッキ

▲狩場サクリファイスデッキ

スキル「ハーピィの狩場」とサクリファイスの組み合わせ。ハーピィの狩場がなくても、サクリファイスは現在のデュエルリンクスでは安定した強さを発揮するため使用しているデュエリストが多いです。

ただし、サクリ対策が進んできているので今後弱体化の可能性も。

  • サクリファイスを召喚できれば形勢逆転の可能性大

 

[boxstart]

その他KCカップおすすめデッキは以下の記事で紹介中!

デュエルリンクス ランク戦向け最強デッキランキング

[boxend]

 

ポイント数とランキング順位について

ランキングはポイントが増えるほど上がりますが、順位は他のプレイヤーとの比較によって決定づけられるため、その関係は固定ではありません。そのため、何ポイントなら何位とは一概に言えませんが、以下は現時点のだいたいの目安となります。

  • 100000位 4000ポイント前後
  • 10000位 7000ポイント前後
  • 1000位 10000ポイント前後
  • 100位 12000ポイント前後

なお上記目安は、アジアオセアニア地域でのもので、地域差があるようです。(やはりアジアが一番厳しい様子…)

なお、★5(レベル5)に昇格するまでは、ランキング圏外と表示され、★5に到達すると現時点のランキングが表示されます。

 

—— 以下は過去に書かれた記事です ——–

 

KCカップはハムイベ確定!?

KCカップの内容について詳細な案内は今のところ公式からはありません。

「カップ」というからには、何かしらの競争を経て、参加者に順位付けがなされる、という形式を想像しますが、これはまさに「ランク戦」そのもの。

KCカップは、期間限定の特別なイベントなので、常設の「ランク戦」との差別化がなされていなければ、イベントとしての意味がありません。

たとえ、上位入賞者に豪華なプレゼントが与えられるとしても、それだけではイベントとしては弱いし、成立しない気がしますよね。

なので、「KCカップ」は常設の「ランク戦」とは異なる順位付け方法を採用すると予想されます。

では一体どういう順位付けを行うのか。ヒントは「過去のランク戦の実績に応じてボーナス「ポイント」が入る」というKCカップ固有のルールに隠されているように思います。そうです、ポイントです!

思うに、参加者はほかのユーザーとデュエルを行うたびにポイントを獲得する、で合計ポイントの高ければ高いほど上位に入賞でき、報酬もたくさんもらえる、というような仕様になるのではないでしょうか。

これは、まさにハムイベですね(笑)

ハムイベっていうのはソーシャルゲーム界隈でよく使われている言葉でして、輪っかの中を延々走り続けるハムスターのごとく、同じようなダンジョンやゲームを延々周回させるイベントのことを指しています。

もしKCカップがこのようなハムイベだった場合、現在の上位ランクのユーザーにとっては、朝晩気を抜くことのできない、まさに「禿げそう」なイベントになるかもしれません。

ですが、逆に初心者の人や、下位ランクのユーザーにとっては、実力がなくても「がんばれば報われる」救済のイベントになり得るかもしれません。

KCカップ関連情報

KCカップの開催にあわせるようにして、カードラボ内に新機能「KCレポート」が追加されました。

「KCレポート」では遊戯王デュエルリンクスのキャラクター使用率や人気スキルなどを見ることができます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。